尾崎商店について

  • HOME
  • 尾崎商店について
尾崎商店について

業務内容
(主に演劇の制作という仕事)

現場管理業務

・受付管理や会場整理員の手配、楽屋・ケータリング管理

公演制作業務

・公演運営に関わる業務振り分け、予算に応じて各業務を分割しての請負い(広報業務が多い)

印刷業務

・チラシやチケット、パンフレット、名刺、封筒などの印刷仲介業

助成金申請

・助成金の申請代行や報告書作成業務

俳優・スタッフ・キャストマッチング業務

・公演や企業発注による案件の俳優・スタッフ手配、スケジュール調整

※その他、炊き出し、機材提供など、劇団が行うであろう制作業務をおおむねフォロー。年間約80作品に携わり、近年はその枠を越え演劇の技術を活用して社会に役立つ活用方法も志向する。

主な取引先実績

商業演劇

吉本興業、松竹株式会社

劇場

AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)、應典院、池田機業株式会社、アトリエS-pace、ドーンセンター

法人

株式会社大阪ガス、株式会社キュー、かんでんジョイナス株式会社、株式会社マリエンタープライズ、NPO法人大阪現代舞台芸術家協会、大阪芸術大学

小劇場劇団

南河内万歳一座、桃園会、劇団太陽族、極東退屈道場、虚空旅団、空の驛舎、南船北馬、Plant M、コンブリ団、五期会、劇団MAY、劇団伽羅倶梨、A級MissingLink、劇団そとばこまち、演劇集団よろずや、dracom、プロトテアトル Bagdad café、劇団洒落乙、東洋企画、うんなま、遊劇舞台二月病、ベロがん、がっかりアバター、うさぎの喘ギなど(以上、大阪拠点)

トリコA、下鴨車窓、ゲキゲキ、遊劇体など(以上、京都拠点)

タテヨコ企画、アトリエセンターフォワード、Pカンパニー、柿喰う客、少女都市、激団リジョロなど(以上、東京拠点)

※その他、劇団厚岩(韓国)など、多数の地域から小劇場の制作業務にとどまらず、法人からも多彩な依頼有り。

主な印刷業務請負取引カンパニー

玉造小劇店(リリパットアーミーⅡ)、T&CREW、アトリエS-pace、桃園会など

スタッフ

尾﨑 雅久

尾﨑 雅久

代表社員

鈴木 ありさ

鈴木 ありさ

阪田 愛子

阪田 愛子

※デザイン・DTP班も常駐しています。

全ての事業基軸は「演劇」

東京には個人で制作業務を専任されていたり、小劇場演劇の制作に特化した会社が多数存在したりするようですが、関西をはじめ日本の他の地域には、制作者がチームで運営していたり、同業種の法人がほぼ存在しないため、当社はかなり異色の存在であると自負しております。

近年、関西の小劇場カテゴリーでの受注数は年間80~100案件で推移しており、業界ではかなりのシェアを何年も維持しております。

現在は小劇場カテゴリーの制作業務請負だけでなく、画像補正、デザイン、プロダクション、ファンドレイジング、演劇の技術のアウトソーシング業務も取り込んでおり、今後は「演劇」を軸にして更なる多角的展開と社会に役立つ企業を目指して日々精進と鍛錬を重ねております。

売上推移

売上推移

直近の5年間で売上は年々増加しています。2014年と2018年では326%UPです。
※2016年ごろから大手興行会社との取引や、プロダクション業務が増加した影響。

今後の目標

STEP01

2020年の目標。

・ワークショップ事業開発着手と関連する助成金および委託業務申請。
・売上目標1500万円。
・マッチング事業開始。

STEP02

5年後の目標。

・指定管理を取得→拠点の運営。
・演劇制作部、演劇事業部、技術部の設立
・万博に関わる。
・売上目標3000万円。

STEP03

10年後の目標。

・拠点の運営の継続もしくは設立。
・オリジナル作品制作。
・俳優やアーティストの能力を数値化し、様々な業務にマッチさせる技術力を開発。特許と商標取得。
・売上目標5000万円。

すべての事業基軸に「演劇」を据えています。
志と優秀な技術、アイデアを持つ小劇場のアーティストや学生に雇用と活躍の機会を与えること。
そして俳優や演出家、制作者一人一人の特性、技術をより一般社会に活かせるような事業展開を目指していきます。

Contactお問い合わせ

お問い合わせはお電話か
お問い合わせフォームより承っております。
些細なことでもご不明なことなどが
ございましたら、
お気軽に
お問い合わせください。

TEL 06-6321-2513

お問い合わせフォーム

チケット販売フォーム